自主調査レポート

【公開調査】シニアの年末の意識アンケート調査

調査背景 年末の意識アンケート調査
実施期間 2011年12月16日(金)~2011年12月17日(土)
調査地域 日本全国
対象者 50歳以上の男女
サンプル数 合計500サンプル
割付
男性:50代
100
男性:60代
100
男性:70代
50
女性:50代
100
女性:60代
100
女性:70代
50
総計
500
調査方法 オンラインリサーチ
調査機関 シニア・ナビリサーチ
「今年を振り返っての充実具合」としては「家族との絆・友人との絆・趣味や学習」の面では約50%の方が「やや満足している」と答えたが、「仕事」に関しては48%の方が「どちらともいえない」、「家計」に関しては30%の方が「どちらともいえない」と回答した。
「特に良くなって欲しいと期待するもの」は「経済」が1番であり、その後「政治全般」「福祉・介護」「被災地復興支援」と続いた。
「今年一番感謝の気持ちを伝えたい人」は、「妻・夫」で55%であり、16%の方は「該当する人はいない」と回答した。


Q1.今年を振返って、どれくらい充実していたと思いますか。次の各項目について、それぞれあなたの気持ちに近いものをひとつ選んでください。


家族との絆

友人との絆

趣味や学習

仕事

家計

Q2.あなたが特に良くなって欲しいと期待するものを最大3つまでお知らせください。

Q3.今年、一番感謝の気持ちを伝えたい人を教えてください。※身近な方以外でも、かまいません。その他にお書きください。

  • モニター登録はこちら
  • 企業ご担当者様へ
  • アンケートの種類
  • アンケートの答え方
  • 同世代で交流を楽しむ会員制サイト シニア・ナビ

△ページトップへ