自主調査レポート

【公開調査】携帯電話に関する調査

調査背景 携帯電話に関する調査
実施期間 2011年10月27日(木)~2011年10月28日(金)
調査地域 日本全国
対象者 50歳以上の男女
サンプル数 合計500サンプル
割付
男性:50代
100
男性:60代
100
男性:70代
50
女性:50代
100
女性:60代
100
女性:70代
50
総計
500
調査方法 オンラインリサーチ
調査機関 シニア・ナビリサーチ
90%以上の方がフィーチュアーフォンを利用しており、スマートフォンの使用者は7%程であった。
携帯電話の使用用途としては、「電話、メール、写真・動画の撮影」などが多くあり、今後のさらに使用していきたいものとしても同様であった。
ふだんの携帯電話での利用状況としては、電話の発信・着信共に0~5回程度が約50%をしめており、メールの送信についても0~5回程度が55%であったが、受信については0~5回程度が43%とやや低く、受信の割合が多いことがわかった。


Q1.あなたがお持ちの携帯電話について、あてはまるものをお知らせください。

Q2.ふだん、あなたが携帯電話を使って行っていることをすべてお知らせください。

Q3.あなたが携帯電話を使って、今以上に増やしたいと思うことをすべてお知らせください。

Q4.ふだんの携帯電話の「発信する頻度」について、それぞれあてはまるものをお知らせください。
※1週間の平均回数をお知らせください。

Q5.ふだんの携帯電話の「着信がある頻度」について、それぞれあてはまるものをお知らせください。
※1週間の平均回数をお知らせください。

Q6.ふだんの携帯メールの「メールを送る頻度」について、それぞれあてはまるものをお知らせください。
※1週間の平均回数をお知らせください。

Q7.ふだんの携帯メールの「メールをもらう頻度」について、それぞれあてはまるものをお知らせください。
※1週間の平均回数をお知らせください。

  • モニター登録はこちら
  • 企業ご担当者様へ
  • アンケートの種類
  • アンケートの答え方
  • 同世代で交流を楽しむ会員制サイト シニア・ナビ

△ページトップへ